BACK
まぁ坊
Last Update:2006/02/03(金) 04:30

主な出現場所いろいろ
スキャナ機種エプソンGT−X700
平均作業時間画像取り込み1枚1分。レタは……
ポリシーなるべく原稿に忠実に。出来ればデジカメタッチに。
最近のお気に入りいろいろ
最近の感じ外も懐も寒い(T∇T) ウウウ
お気に入り画像、ロゴ等1034211890.jpg


 ▼Comment
私の書き込みは画像をてっとり早く300KB以内に収めたい初心者向きの方法なので、
これから買う、もしくは買った人には参考になると思います。
ベテランの人には何の参考にもなりませんので、あしからず。


最初に、専用ソフトからスキャナーを立ち上げましょう(私はPhotoshop Elementsを使用してます)。
立ち上げたら、スキャナーの設定画面が出てきます(アンシャープON、モアレ除去はなるべくOFF)。

次に原稿のセットに入ります。後ろのページの背景がぼやけて出ない様に黒い紙を敷きます(原稿が上質の厚い紙質なら必要なし)。四隅にピッタリあわすと、はしょられるので、少し間隔(1pくらい)をあけましょう。

原稿のセットが終わったら、おもりをのせます(私はDVDラックを使用)。

そして、(スキャナーの設定画面の)「プレビュー」をクリックします。プレビュー画像が出てきます。画像が明らかに曲がっていた場合、面倒ですが、私はもう一度原稿のセットからやり直します。

プレビュー画面に問題なければ、その画面の中で取り込みたい部分をマウスの左ボタンを押しながら、起点から起点を結ぶ(斜めに動かせば、自然に矩形が出来る)。
※全体画像から取り込みたい部分を決め、セットすることを専門用語でトリミングと言います。

矩形が出来る(トリミングする)と今のスキャナーは優れもので「自動に画質調整」(auto)をしてくれます。
autoが気に入らない時は、色調の補正や調整といった項目があるので、いじってみて、自分好みに画像の色調を合わせることが出来ます。

画質の調整が終わったら、「解像度」を設定します(私は大抵300dpiですが、気に入った画像の場合、最高で400dpiまで上げることもあります。また、モアレがひどかったりする場合は最低150dpiまで下げます)
それから「ズーム」で%を指定します(私は30%を基準にしてます)

全ての設定が完了したら、「取り込み」をクリックします。これで終了です。

取り込んだ画像のゴミや文字を消したい場合、専用ソフトのスタンプツールなどを用いて、地道に作業して下さい。画像が粗いなと感じたら、ボカシをかけるとか他にはレイヤーを2枚、3枚と作って重ねて作業するとか、人それぞれのやり方があります。
でも、画像の紙質&画質が良くて、スキャナーにゴミがなければ、かなり満足のいく作品ができあがるでしょう。

最後に解像度と%は密接な関係があり、ここで、全てが決まると言っても過言ではありません。
手っ取り早く画像を300KB以内に収めるなら、解像度300dpi ズーム30%前後がベストだと思います。


※今ではPC環境(ディスプレイ表示1600×1200ドット<約1677万色>)、
 使用するスキャナー(GT−X700に変更)も変わったために、
 画像の取り込み方法とレタが変わりました。
取り込み方法は主に、解像度600dpiの100%(原寸)でアンシャープとモアレ除去をon。
レタの基本は網点が丁度消えるくらいボカシ(ガウスもしくはダスト&スクラッチ使用)、75%ずつバイリニア法で縮小(最初は解像度dpiを600→450→338と75%ずつ縮小、解像度の数値を決めたら今度はpixlを縮小)。
2,3度縮小する毎に、アンシャープ(量500% 半径0.2か0.3pixel しきい値0)をかける。
縮小する画像の数値の目安は、縦に合わせるなら1104pixel、横にあわせるなら768pixelにしてます。
(JPEG画像のpixel表示数は8の倍数が基本となっているので、8の倍数にあわせてます)。
保存する画像の大きさが決まれば、最後の工程(それぞれ仕上げが違うのでここは割愛)にかかります。
終わったらTIFF形式で保存。それからJPEGに複製。
ロゴを入れる代わりに右クリックでプロパティを開き、タイトルと作成者名をカキコして終了(((爆)))

※※時間と容量節約のため、最近は解像度300dpiの100%、
アンシャープとモアレ除去をonにして画像を取り込んでます。

モデル:原幹恵

Pass:
Miniりすと v4.01