BACK
んみょ
Last Update:2009/04/13(月) 22:21

URLhttp://photos.yahoo.co.jp/rinji666/
主な出現場所白板
スキャナ機種Epson PX-A620
平均作業時間字消しがなければ15分+
ポリシーIE、OEは使いません。
最近のお気に入りVirgin 7年 (Burbon Whisky)
最近の感じシマシマに疲れてます
お気に入り画像、ロゴ等1165242668.jpg


 ▼Comment
画像はゆずポンです♪ レタのやり方は、下と全く同じではありません(A^_^;
っていうより、前のスキャナーでやりました。


 たいしたテクではありませんが、この欄に知識を還元します。レベルの高い人は気付いたら何か教えて下さいね。


 使っているレタソフトは、Adobe のPhotoshop Elements 4.0です。
 Photoshopを起動、「ファイル」→「読み込み」→(スキャナを選択)→あとはスキャナユーティリティの指示通りに取り込み。注意するのは、スキャナ附属のレタソフトへ取り込まない事。

 読み込み解像度は、A4に近い元ネタの場合240dpiです。小さい元ネタや、元ネタを拡大して使おうという場合は300dpiで読み込む事もあります。自動トリミングはOFF。シャープネス、明るさ、モアレ除去などの機能は全部OFFです。

 取り込んだら、まずトリミングします。次に、スキャン荒れがなくなる程度に少しだけガウスぼかし。少しくらいなら荒れが残っていても、縮小したり、jpegにしたりすると取れますのであまりボカしません。印刷の質と元の画の明るさで半径は変わりますが、0.6ピクセルくらい、最低0.3ピクセルボカしてます。縮小前にボカします。

 そしたらぼかしたままではボケボケになるので、アンシャープマスクをかけます。この段階では、量は100程度、半径2.0ピクセル、しきい値15レベルくらいです。あるいは、輪郭のみシャープをかけます。

 ここまで出来たら、あまり大きなまま作業をしているとPCの負荷が大きすぎるので、適度に縮小します。A4画像を240dpiで取り込んだ場合、60%程度に縮小します。

 縮小したらもう一度、アンシャープマスクをかけます。誰かが「縮小の度にアンシャープ」と書いていたので妄信しています。量はその時に応じて多少変えます、あまりシャープにすると画像容量を食うし荒れも復活するので適度にします。

 次は明るさを調整します。自動レベル補正だと、大抵はコントラストが強くなりすぎるので、手動でRGBレベルを調整します。裏写り防止に裏に黒い紙を当てていれば、明るさ暗目・コントラスト緩目に出ますので、明るく、少々コントラストを上げます。必要に応じて、色分けしてレベル調整する事もあります。

 字消しなどをする場合は、明るさ調整後にします。最近はコピースタンプ1本で消しています。コピースタンプは不透明度の調整がミソの様ですね。100から20%をこまめに切替えながら消します。低い不透明度で消すときは元の色が残りますので、消しゴムツールで消してからの方がキレイになります。

 そこまで出来たら、ゴミ取りをします。コピースタンプか、スポット修復ブラシツールを使います。

 あとは必要に応じて、ぼかしツールで娘さんの肌をボカします。強さは25%くらいにして輪郭や目・口にかからない様に気をつけながら、ボカしたいだけ重ねます。レイヤーは使ってません。

 最後に、「ん」を入れて、レイヤーを統合したら、あとは保存です。「Web用に保存」をします。

 画像サイズは短辺880ピクセルが基本です。あまりデカくても、XGAに表示しきれません。A4:240dpiを60%に縮小していれば、短辺は1200ピクセル程度になっていますので、まずここを880ピクセル:画質80にしてファイルサイズを確認します。300kBに入れるのはたいへんでしたが、今では500kBOKなので楽ですね。上げられるだけ画質を上げます。最悪でも画質は70以上、画像サイズは短辺600ピクセルを確保します。

 あとは、コメントとともに白板に貼る!!!

 白板に1日置きに貼ってますので、何か教えて下さる方はレスって頂ければ結構です。

 あと、黒では@whity snake、桜、赤では@snowy whiteと名乗ってますが、白板が主な住処なので私の事を「誰?」って思う方は白板を見てね、という意味以上ではありません。レス、レス返しされる時には、@以下は省略頂いて結構です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
最近始めたシマシマの消し方:
 モアレっていうんですか? ネタによってはメチャ出ます。以前はボカしたり、スムースをかけたりしてたのですが、最近ではこれもスタンプツールで消すようになりました。
 縞の1本分をズラして縞に垂直に(何かコントラストの強い部分があればそれに沿って)コピーをかけるのです。縞はたいてい4〜6ピクセルくらいになってますので、コピースタンプの範囲を8ピクセルくらいにすると縞1本分ズラしたコピー先を設定しやすいです。あとは、不透明度15〜20%でコピーを繰り返せば色は平均化されます。
 肌と背景の境界とか、肌と衣装の境界はうまく行かなければ残してしまいます。まぁそれでも見れるものです。また、縞に立てにストラクチャーが残ってしまいますが、縮小やjpeg化で消えてしまいますので問題ありません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
参考:PCのスペック

メーカー  :自作
CPU   :AMD Athron 64 3000+ (Venice)
メモリ   :DDR400 1GB
チップセット:NVIDIA nForce4 SLI
GPU   :NVIDIA GeForce 6200 with TurboCache

Pass:
Miniりすと v4.01