BACK
QUOLL
Last Update:2005/03/04(金) 22:27

URLhttp://tohson47.e-city.tv/index.html
主な出現場所赤板
スキャナ機種EPSON CC-600PX
平均作業時間30〜1時間
ポリシー全部フリーソフトで
最近のお気に入り太田莉菜ちゃん
お気に入り画像、ロゴ等1105759891.jpg


 ▼Comment
レタッチ環境はWindows XP(DELL INSPIRON5100).
スキャンするときは画像ビューワソフトIrfanView,レタッチにはGIMPを使用しています(どちらもフリーソフト).

スキャナの設定は「適当」と云うか「お好みで」,色々いじって自分好みを見つけてください.
ただし,dpi値は高め(300dpi以上)でスキャンしたほうが良いです(字消しや連結を行なう際は特に).

ではこの画の作業シミュレーション(実際は貼ってある画の倍サイズで作業しています).
どこをどういじったか解り易いようにレタ前後の画を連結してあります.

まず何も考えずに塗りつぶせる左上の方から背景をお好みの背景色で塗りつぶします.
選択しているツールは「絵筆」の「ぼやけた丸」のブラシ(直径大きめ).
人物や服などに近づいたら画像を拡大しつつ「絵筆」の「ぼやけた丸」ブラシの直径を小さくしていきます.

次に比較的楽そうなのは右下の字消し.
Ctrlキーを押しながら左クリックでカーソル位置の色が拾えます(スポイトになります)ので,周辺色を拾いながら赤い文字部分を塗りつぶしていきます.
具体的には「絵筆」の「ぼやけた丸」ブラシ(直径小さめ)で塗ります.
左クリックを押しっぱなしの塗りでは不自然なところは点を置いていく感じで,Ctrlキーを押して周辺色を拾ってはその色を置いて,また拾っては置いての繰り返しです.
もうカチカチカチカチと音が響きます.
手抜きですが,右下のタイヤは消しても良いと判断して消しました.

順番が前後しますが,Gジャンの端の方や右下のパイプや影は上記のような作業で描いています.

さていよいよ難関,Gジャンの字消し.
個人的にGIMPのスタンプツールは使いづらいので,コピー&ペーストで擬似的にスタンプしていきます(以下細かく書きます).

まず「自由領域選択」をセレクトし,ツールオプションの「ぼかす」をON(半径は3〜5くらい).
"消す字の上に置いたときに,その周囲との調和が取れそうな一部分"を左ボタンドラッグで囲みます.
Ctrl+Cでその囲んだ選択領域をコピーします.
その選択領域部をドラッグして消したい文字の上に移動し,Ctrl+V,この時点で文字の上にペーストが行なわれます.
まだその選択領域のフロー状態は解除されていないので,続けてペーストする場合は再度ドラッグ→Ctrl+Vを繰り返します(止める場合は画像の選択領域外をクリックするかレイヤオプションウィンドのイカリマークをクリック).
私はいったんペーストしたら,再度囲み直し,画が単調になることを避けるようにしています.

字消しのコツは上記にも書いた"消す字の上に置いたときに,その周囲との調和が取れそうな一部分"を上手く探すこと.
この"一部分"は大体その文字の周辺にありますが,例えば「反転」や「回転」などをさせることによってちょっと遠くから持って来た方が自然に仕上がることもあります.
また,画が単調になり始めたら全く異なった"一部分"を持ってきて,透明度を変化させたあとに貼り付けると云うのも効果があります.

頑張って上記の塗り(描き)とコピー&ペーストを繰り返して文字を消していきましょう.

では次の作業ですが,私は「にじみ」(指のマーク)を使っています.
塗り(描き)とコピー&ペーストで残るアラを「にじみ」ツール(ブラシは「ぼやけた丸」,サイズ適宜)で,周囲の色と馴染ませます.
カーソルを時には大きく,時には細かく動かして自然な感じに馴染ませてください.
この画で云えばGジャンの裏地は直径の小さいブラシで非常に細かく「にじみ」を使っていますし,右下の影やパイプ部は直径やや大きめのブラシでスッと動かして色を伸ばしています.

さて「にじみ」ツールを使うとその部分だけ,画が"不自然に滑らか"になると思います.
そこで私が使うのがノイズの追加です.
まず,「にじみ」ツールを使って仕上げた部分をその周りとともに大まかに「自由領域選択」します.
次に右クリックメニューで「選択」→「境界をぼかす」(Shift+Ctrl+F)を選び,5〜10ピクセルほど選択領域の端をぼかします.
さらに右クリックメニューの「フィルタ」→「ノイズ」→「HSV散乱」を選びます.
ここでパラメータ画面が表示されますが,いじるのは「保存度」のみ,3〜4くらいで実行してみましょう.
にじみを使った部分とスキャナで取り込んでいじっていない部分との差がなくなり自然な感じに仕上がったのではないかと思います.

あとは画像サイズを縮小ですが,そのままGIMPで縮小→JPEG保存を行なうと(圧縮率が高いため)画質がかなり犠牲になります.
そこでいったん大きいサイズのままGIMPでBMP保存し,IrfanViewで画を開き→リサイズ→圧縮率を変更しながらJPEG保存することをオススメします.

字消しの具体的な方法になってしまいましたが,連結も基本は同じと考えて良いと思います.
色調補正やレイヤ重ね,画像全体のぼかしやソフトフォーカスなどの技法は他のレタッチャのテクニックを参照してください.

GIMPはショートカットキーを自由に設定できるので,使いやすいショートカットキー登録をして作業を行なうと良いですよ.
キー登録は(画像の上で)右クリックし,コマンド選択状態(左クリックを押す前)で好きなキーを押すことで簡単に登録出来ます(デフォルトのショートカットキーとかぶらないように注意しましょう).

Pass:
Miniりすと v4.01